スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鈴村健一 - 月とストーブ


01.月とストーブ
02.ハナサカ

01.月とストーブ

作詞︰鈴村健一
作.編曲︰飯塚昌明

淡く記憶くすぐる 午後七時の家路
とおいとおいシチューの香り
少し切なくて無闇におしゃべりになる僕は今
君にどう映るかな?

互いに刻んできた歴史や哲学が
新しい道へと誘ってくれるんだ

不揃いな二人の足音 誇らしくなってはにかむ
夜空へと浸みていくそのリズムを抱きしめて
変わり始める世界 君とだけ行ける場所がある
言葉すら越えるぬくもりの先へ
かじかむ掌重ねて冬が好きな君と
ちょっぴり遠回りして帰ろう

古いカフェの窓際 目にとまる景色
バス停の老夫婦の背中
白髮混じりでしわくちゃで
でも子供みたいな笑顔にフッと心軽くなる

終わりに向かっていく僕達だからこそ
噛み締めていけるんだ 寄り添う意味を

北風に揺れる街路樹が
駐車場の眠そうな猫が
生きている喜びを 愛の歌を 届けるよ
物語を紡いでいくぼくらのために
まるで祝福するように

不揃いな二人の足音 誇らしくなってはにかむ
夜空へと浸みていくそのリズムを抱きしめて
変わり始める世界 君とだけ行ける場所がある
言葉すら越えるぬくもりの先へ
かじかむ掌重ねて冬が好きな君と
ちょっぴり遠回りして帰ろう
もうすぐ雪の降るこの街へ



02.ハナサカ

作詞︰鈴村健一
作.編曲︰黒須克彦

あの時もらった未来で芽吹く種は
前触れもなしに今朝咲きました
見たことないのにどこか懐かしい
花をつけました

コンビニ曲がって西へ300歩
赤いボストに『ただいま!』
ネクタイゆるめ深呼吸『おかえり!』の香り

机の上には相棒のマグカップ
もう年代モンになりまして
今日もお付き合いくださる 多忙な夜長を

“自分らしさ”向かい風と変える
この街の構造に
立ち向かえ!今こそ!
背中押す声

あの時もらった未来で芽吹く種は
少し大きめな鉢に植えました
ほろ苦い水と澄み切った水
まぜてあげました

『たまの休日は 頭空っぽに』
そう一丁前の顔をして
笑う世間話にはリアリティがない

がむしゃらに進む時間に
夢は追いつけないとしても
踏みしめろ!大地を!
力強い声

あの時もらった未来で芽吹く種は
空がよく見える場所に置きました
眩しいお日様 そっと優しく
光くれました

あの時もらった未来で芽吹く種は
前触れもなしに今朝咲きました
見たことないのにどこか懐かしい
花をつけました
この花もいつか未来で芽吹く種を
僕の掌に届けるでしょう
ありふれた日々できっと素敵な
花を咲かすでしょう

Comment

管理者だけに表示を許可する

Trackback

Trackback URL:

http://momoshiro.blog43.fc2.com/tb.php/1820-b57a06b2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。