スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小駿事件紀錄(22. きもだめし、ボクが守る)

きもだめし、ボクが守る

生徒会長 『それでは、これより生徒会主催、きもだめし大会を執り行う』

生徒会長 『くじ引きで男女ペアをつくり、昇降口からスタート』

生徒会長 『校舎をまわって、3階の音楽室まで進み…』

生徒会長 『ピアノの上にある札を取って、昇降口まで戻ってくればゴールだ』

生徒会長 『…質問は無いな?』

生徒会長 『…』

生徒会長 『開始では、する…!』

……

相葉駿 『あっ!いたいた、主人公ちゃーん!』

主人公 『ん?駿くん。どうしたの』

相葉駿 『ね、きもだめし…ボクといっしょに組まない?』

主人公 『えっ?…でも、あれってくじ引きでしょ?』

相葉駿 『へへっ、大丈夫大丈夫!まかせてる』

相葉駿 『あれってさ、仲間同士でちょっと仕組めば、簡単に好きな人同士でペアになれるんだよねー』

主人公 『ええっ』

相葉駿 『だからさ、ね?どうかなぁ、ボクと組まない?』

主人公 『うーん、でもちょとズルくない…?』

相葉駿 『えーそうかなー、みんな結構やてるよ?』

相葉駿 『ていうか、こっしももう伝統化してるから、生徒会も見てみぬふりしるし』

主人公 『え、そうなんだ』

主人公 『うーん、それなら…いっか』

相葉駿 『やったー!主人公ちゃんとペア決定~!』

主人公 『ふふっ』

生徒会役員 『みなさん、あつまってくださーい』

相葉駿 『あっ、ほらほら!主人公ちゃんはやくはやくっ!』

……

主人公 『わ、結構暗いね…』

相葉駿 『ほ、ほんとだね。はは…』

ガシャーン

相葉駿 『ヒッ!!』

……

ガタガタガタッ!

相葉駿 『うわーっ!!』

……

相葉駿 『あーもう!すげーこわかったー!』

主人公 『あはは、楽しかったね』

相葉駿 『あの階段の踊り場のところとかさぁ…!』

相葉駿 『あんなところで人が飛び出してくるなんて反則だよ!』

主人公 『駿くん、すっごいびっくりしてたよね。ふふふ』

相葉駿 『だってさー…』

主人公 『ん?』

相葉駿 『あー、でも、主人公ちゃんは…あんまりこわがってなかったっぽいよね…?』

主人公 『んー駿くんの怖がりっぷりを見てたらなんだか逆に落ち着いちゃったんだよね』

相葉駿 『ええっ!?』

相葉駿 『そんな…』

相葉駿 『あーあ』

相葉駿 『…怖がってる主人公ちゃんの前で男らしいところを見せる予定だったんだけどなあ…』

主人公 『え?』

相葉駿 『なのにかんじんの主人公ちゃんはボク見て笑ってるし』

主人公 『ふふっ』

相葉駿 『それにさー、ぜんぜん抱きついてくれないし』

主人公 『えっ…、なにそれ?』

相葉駿 『だってさ…きもだめしといったら、女の子がこわがって…とか』

相葉駿 『…そういうの、ちょっとくらい期待してたっていいじゃん』

主人公 『あはは、期待を裏切っちゃってごめんね』

主人公 『でも駿くんのおかげですっごく楽しかったよ』

相葉駿 『えぇ~?本当かなー…』

主人公 『本当だって。ありがとう、駿くん』

相葉駿 『そう?』

相葉駿 『ん~…まあ、主人公ちゃんが楽しかったならいいか』

Comment

管理者だけに表示を許可する

Trackback

Trackback URL:

http://momoshiro.blog43.fc2.com/tb.php/1268-8ffde0d2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。