スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小駿事件紀錄(21. 七夕 - 両想いになれますように)

七夕 - 両想いになれますように


綾川司 『みんなさん、いま配った短冊ですが…』

綾川司 『放課後までに願いごとを書いて、昇降口の笹に飾っておいてくださいね』

生徒 『はーい』


相葉駿 『うーん…』

主人公 『あ、駿くん!短冊、いま飾るとこ?』

相葉駿 『うわっ、主人公ちゃん!?』

主人公 『えっ、びくりさせちゃった…?ごめんね』

相葉駿 『う、ううんっ!ぜんぜん平気っ』

主人公 『そ、そう…?よかった』

相葉駿 『…主人公ちゃんも短冊かざりにきたの?』

主人公 『ううん、わたしはまだ…なかなか願いごとが決まらなくって』

相葉駿 『そっかぁ』

主人公 『それで、ほかの人はどんなこの書いてるのかなって見にきたんだけど…』

相葉駿 『ああ~、なるほど!』

主人公 『ね、駿くんはなにを書いたの?』

相葉駿 『ええっ!?ボ、ボク…?』

主人公 『うん、お願いごと、なんて書いたの?』

相葉駿 『…え、えっと』

相葉駿 『…キミ…と…』

主人公 『えっ…?』

相葉駿 『…いや、えっと、そうじゃなくって…』

主人公 『…?』

相葉駿 『その…、す、好きな人と、両想いになれますようにって…』

主人公 『えっ…!』

相葉駿 『…』

相葉駿 『な、なーんてね!あはは、ガキっぽいよねー!』

主人公 『…ううん、そんなことないと思うよ』

相葉駿 『そ、そう…?』

主人公 『それにしても…、駿くんって好きな子いたんだね』

相葉駿 『えーっと、まあ、その、うん』

相葉駿 『ライバルもたくさんいるっぽいから、結構大変なんだけどね…』

主人公 『そうなんだ…そっか、好きな子、かぁ…』

主人公 『…』

主人公 『大丈夫だよ、駿くん優しいし、女の子たちにもすごく人気あるし!』

相葉駿 『え…そ、そうかな』

主人公 『うん!ほら、よく差し入れとかいっっぱいもらってるじゃない』

相葉駿 『…』

相葉駿 『…でも、好きな子に意識してもらえないんじゃ意味ないよね』

主人公 『うーん、それは…』

相葉駿 『ねえ、もし…』

主人公 『…?』

相葉駿 『ボクが好きなのは…』

相葉駿 『ボクが好きなのは…主人公ちゃんだって言ったらどうする?』

主人公 『えっ』

相葉駿 『この短冊にさ、主人公ちゃんの名前が入ってたら、主人公ちゃんどう思う?』

主人公 『え…ええっ!?』

相葉駿 『…』

主人公 『…わたし、だったら…?』

相葉駿 『…あー、やっぱりいいや!』

主人公 『えっ…?』

相葉駿 『ごめんね、困らせちゃって』

主人公 『う、ううん』

相葉駿 『…』

相葉駿 『さーとと!さっさと飾ちゃおうっと!』

主人公 『あ、そ、それじゃあわたしは教室に戻ってるね!』

相葉駿 『はーい、またあとでねー』

主人公 『う、うん!』

相葉駿 『…』


主人公 『うーん…』

主人公 『結局、あの短冊って、誰の名前が書いてあったんだろう』

主人公 『うう、気になるなぁ。見ておけば良かったかも…』

Comment

管理者だけに表示を許可する

Trackback

Trackback URL:

http://momoshiro.blog43.fc2.com/tb.php/1163-1000c89a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。