スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小駿事件紀錄(20. ちからもち)

ちからもち


主人公 『うーん…』

主人公 『困ったな…、どうしよう』

*** 『あれっ?』

主人公 『?』

主人公 『あっ、駿くん』

相葉駿 『主人公ちゃん!どうしたの?何か困ってるみたいだけど』

主人公 『んー…、この得点板、体育の先生にしまっといてって言われたんだけど…』

相葉駿 『あー…、用具室、開かないでしょ』

相葉駿 『ここの扉、サビちゃってて、めちゃくちゃ重いんだよね』

主人公 『うん、ビクともしないんだ…』

相葉駿 『ちょっと待ってて…』

相葉駿 『よっと…!』

ガラ

ガラガラ

ガラガラ…

主人公 『わ!開いた!全然開かなかったのに…駿くん、ありがとう!』

相葉駿 『へへ、どういたしまして』

主人公 『駿くんって、意外とちからもちなんだね』

相葉駿 『へへ、まあボク運動やってるしね!』

主人公 『そっか…そういえばそうだよね』

主人公 『駿くんって細いし、あんまりそういうイメージなくって…びっくりしちゃった』

相葉駿 『…』

相葉駿 『やっぱり、ボクって…』

主人公 『…?』

相葉駿 『背とか、低いし…弱そう?』

主人公 『え…、そ、そんなことないよ!?』

相葉駿 『ほんと?チビってかっこわるい、とか思わない?』

主人公 『思ってないよ!』

主人公 『ほら、今だって助けてくれたし、すごいかっこよかったよ』

相葉駿 『え?ほ、ほんと!?』

主人公 『うん!』

相葉駿 『やったー!主人公ちゃんにかっこいいって言われちゃったー!』

主人公 『ふふ、また困ったら助けてくれる?』

相葉駿 『うん、主人公ちゃんのためだったらお安い御用だよ!』

主人公 『ありがとう、頼りにしてるね』

Comment

管理者だけに表示を許可する

Trackback

Trackback URL:

http://momoshiro.blog43.fc2.com/tb.php/1134-58c156e3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。